プロテオグリカン 効果

プロテオグリカン 効果

プロテオグリカンとは、たんぱく質に糖が結合した糖たんぱく質のことです。体内では、軟骨や皮膚に存在しており、保水力に優れているため肌にハリや潤いを与える役割を持っています。美肌効果や変形性関節症の症状を緩和する効果が期待できます。

 

プロテオグリカンの健康効果

 

◎美肌効果
◎変形性関節症の症状を緩和する効果
◎炎症を抑制する効果
◎生活習慣病の予防・改善効果

 

目次

 

プロテオグリカンとは
プロテオグリカンの効果
プロテオグリカンは食事やサプリメントで摂取できます
プロテオグリカンの研究情報
参考文献

 

プロテオグリカンとは?

 

●基本情報
プロテオグリカンとは、中心となるたんぱく質(コアたんぱく)に糖鎖グリコサミノグリカンが結合した糖たんぱくの一種です。「プロテオ」とはたんぱく質を表し、「グリカン」は多糖類[※1]という意味を表しています。プロテオグリカンは、動物の軟骨の主成分で保水性に優れており、人体にとって安全な成分です。現在20数種類の異なったコアたんぱくをもつプロテオグリカンが発見されており、近年では、プロテオグリカンの持つ性質を利用し、化粧品や健康食品の原材料として使用されています。

 

●プロテオグリカンの歴史
プロテオグリカンは19世紀末に発見されました。このとき発見されたプロテオグリカンは数種類ある中のアグリカンという分子です。発見された当初は牛から抽出したプロテオグリカンが使われていましたが、牛由来のものは抽出できる量が少ないためとても高価でした。しかし、弘前大学の研究によりサケの鼻軟骨から安全で比較的安価な抽出技術が確立され、近年では様々な効果が研究により報告されています。

 

●プロテオグリカンの主な性質
プロテオグリカンには多数のグリコサミノグリカンと呼ばれる糖が含まれています。この糖は水となじみやすいため、スポンジにように多量の水を保持することができます。また、プロテオグリカンに含まれるコアたんぱく質は分子の中にヒアルロン酸結合をもっているため、保水力を持つほか、衝撃を吸収する機能を持っています。肌に弾力を与えるほか、関節の軟骨で衝撃を吸収する役割を果たします。

 

●プロテオグリカンの種類
プロテオグリカンにはコアたんぱくの違いやそれに結合するグリコサミノグリカンの違いにより、以下のような種類があります。

 

・アグリカン
 プロテオグリカンの最も代表的な種類で、動物の体内に存在するプロテオグリカンの大半を占めます。主に関節軟骨に存在し、軟骨の重要な役割である外部からの衝撃の吸収作用を担っています。
・パールカン
 細胞と各組織との結合面、界面を構成する基底膜に存在しています。
・ヴァーシカン
 皮膚にある真皮層に存在しています。

 

[※1:多糖類とは、糖質の最小単位である単糖が、多数結合したものです。]